RSS | ATOM | SEARCH
スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-, -, pookmark
にきびの治療
にきびの治療には色々な方法があると思います。自宅で出来るにきびの治療といえば、やはり乾燥を防いでにきびが悪化しないようにして、にきび用の薬を塗るなどして治療することが出来ます。しかしにきびの治療はなかなか自分で完治するまで持っていくのは難しいといわれていて、美容整形外科などでもにきびの治療が行われています。美容整形外科で行うにきびの治療の場合は、レーザー治療が一般的です。にきび治療のレーザー治療はにきびだけでなくにきび跡の治療にも効果があるといわれています。

にきびやにきび跡にレーザーをあてることによってにきびやにきび跡の症状が改善されるといわれています。にきびの治療で美容外科で行う場合にも、一回での治療はむりですから、何回か繰り返し治療に通うことで効果があらわれるといわれています。にきびの治療で、よく、自分で出来るものとして、にきびの中にたまってしまった、膿を自分で出して治す方法があるといわれていますがこれは実は間違ったにきびの治療法法です。自分で膿を出すことによってにきびの炎症を抑えることが出来るかもしれませんが肌を傷つけてしまいますから皮膚にとってはよくない治療方法なのであまりおすすめできません。
にきびの治療
-, -, pookmark
ドクダミで手作りのにきび薬 
民間薬として有名なものに、ドクダミがあります。
ドクダミは北海道以外の日本全国に自生しており、刈り取って乾燥させて家庭で健康茶として飲用している人も多いことと思います。

ドクダミはハート型のかわいらしい葉の形をしていますが、それとはうらはらにかなり強烈なにおいを発します。
そのにおいのもとになっているデカノイドアルデヒドという成分が、薬効成分の一つとなっています。
この成分は強い抗菌力を持っています。
しかしこの成分は、乾燥させてしまうとにおいが弱まるのと同時に効力も弱まってしまうので、にきびやおできの治療には生のまま使う方が適しています。

にきびが化膿してしまったときには、ドクダミとユキノシタの絞り汁が効果的な薬となります。
ドクダミとユキノシタは、摘みたての新鮮なものを用意し、ていねいに水洗いするか熱湯をさっとかけて殺菌してから、別々にすりおろして絞り汁をとります。
そしてドクダミとユキノシタの絞り汁を同量ずつ混ぜ合わせたものを、ガーゼにしみ込ませてにきびの化膿した部分を湿布します。
ドクダミだけでも効果は得られますが、どちらにしても新鮮なものの方が抗菌力が強いので、できるだけ新しいもので作ってください。

また普段からにきびができやすい人は、ドクダミの煎じ汁をお茶代わりに飲むとにきびができにくい体質になります。
煎じ汁は、乾燥させたドクダミ15gを水600mlで沸かし、水が半分になるまで煎じます。
ドクダミは6月から8月の花が咲くころに刈り取って、水洗いしてから日干しで乾燥させてください。
にきびの治療
-, -, pookmark
にきび治療 ケミカルピーリング
ケミカルピーリングというものをご存知でしょうか。
しみやくすみ、しわを取り除くための美容目的で行なわれることが多い方法なので、なんとなく聞いたことのある人もいるかと思います。
ケミカルピーリングは保険の適用にはなりませんが、にきびの治療としても注目を集めています。

ケミカルピーリングとは、皮膚の表面に化学薬品を塗って新陳代謝が悪くなった角質をはがして再生を促し、新しい肌を再生させる治療法のことを言います。
にきびは毛穴が詰まって皮脂がたまることで起こる病気ですが、そもそも毛穴の詰まりというのは、皮膚の角質が形成異常で厚くなり、毛穴の出口を塞ぐことで生じます。
そこで皮膚に化学薬品を塗って、厚くなった角質を化学的に溶かしてしまいます。
そうすることで毛穴のつまりが改善され、皮脂も出てきやすくなります。
しかしケミカルピーリングの後は角質が薄くなっているため、十分な保湿と紫外線対策が必要です。
普段以上に日焼け止めには気を配ってください。

ケミカルピーリングにかかる時間は、にきびの症状によっても異なりますが、準備から保湿まで含めるとおよそ30分間ほどです。
1回の治療で完治するほどの効果はないため、数週間に1回ずつ、何回が繰り返して受ける必要があります。
費用は病院によって異なりますが、おおよそ1回1万円前後でしょう。
にきびの症状や程度に応じて薬の濃度や、塗る時間なども調整する必要があるので、皮膚科専門医のいる施設で受けるのがよいでしょう。
にきびの治療
-, -, pookmark
にきびの治療薬
にきびを治療するため、にきびに効果のある薬がないか探している方も多いと思いますが、薬にも種類があり、目的や用途がそれぞれ異なるという点は注意してください。
にきびを治療する為にも、そういった薬に関しての知識をここで頭に入れて、購入の際の参考にして下さい。

まず始めに、薬局など市販されている薬で、にきびに効果があると「評判」の薬と、皮膚科や病院で処方される治療の薬をいくつか紹介します。

◆薬局で購入できる薬

○オロナインH軟膏
○ビフナイト
○チョコラBB

◆皮膚科や病院で処方される治療の薬

○ダラシン(飲み薬と塗り薬があるようです)
○トレチノイン(外用薬・ビタミンA(レチノール)誘導体)
○ミノマイシン(テトラサイクリン系・抗生物質)

医薬品の中でも薬局などで購入できる薬と、病院や皮膚科で「処方される薬」はの具体的な違いは、抗生物質など細菌や炎症をおさえる効果のあるものは、普通の薬局では手に入りません。

例えば、「オロナインH軟膏」などは医薬品で薬局で購入できますが、上記の「ミノマイシン」のような抗生物質は、普通の薬局で購入することはできません。

一般的に薬には「医薬品」、「医薬部外品」、「その他の化粧品」という分類が存在して、一番分かりやすいところで「化粧品」は当然、薬ではありません。

にきびの予防や対策をすることはできても、にきびを治療することはできないということで、これと同様「医薬部外品」に関しても、にきびの治療効果はありません。

やはりにきびの治療を目的として薬が必要であれば、専門の皮膚科や病院で処方してもらうということになります。
このようなことを踏まえ薬局などで薬や化粧品を購入する時は、薬剤師に症状を話して相談をするなど、しっかりとチェックするように心がけてください。
にきびの治療
-, -, pookmark