RSS | ATOM | SEARCH
スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-, -, pookmark
洗顔でにきびケア
にきびケアは、症状がひどくなる前に早期ケアをすることが重要です。皮膚を清潔に保ち、毛穴が汚れで目詰まりを起こさないようにすることがにきびケアの基本ですが、頻繁に顔を洗いさえすればいいというわけではありません。1日に何度も何度も顔を洗っていては、逆に肌の負担になったり、脂質の分泌量が増加してしまったりします。朝と夜、1日に2回から3回の洗顔がにきびケアには丁度良いようです。肌や外気のコンディションは年間を通して同一というわけではありませんので、夏と冬とで使用する洗顔料を切り替えるというやり方もあります。にきびを早くからケアするためは、日々の洗顔料も肌と相性のいいものにすべきです。髪がある程度の長さがある人は、洗顔を行う時は髪に洗顔料がつかないようゴムでまとめたりピンで止めたりする必要かあります。特にはえぎわは汚れが集まりやすいので、洗いやすさを確保しましょう。手についている汚れが顔につかないよう手洗いをし、蒸しタオルなどを2分から3分ほど顔にあて、毛穴を開かせるのがにきびケアの洗顔のポイントです。毛穴が開いたことを確認したら、ぬるいお湯でさっと洗って大きな汚れを落とします。額から目じり、小鼻と皮脂の多い部分から洗っていくとにきびケアに効果的です。大きな泡を作り、その泡で顔を触る要領で洗っていきます。洗い終わったらぬるま湯で流しますが、生え際などは泡が残り易いので注意して流します。顔を拭く時は擦らずに、タオルで軽く押さえるように拭きましょう。
にきびケア
-, -, pookmark
背中にできるニキビ
ニキビケアの中心はどうしても顔になってしまいがちですが、意外とニキビがたくさんできる背中。
毎日目にすることがない分ニキビケアも疎かになりがちです。
背中のニキビケアを怠ると、ニキビ痕が残ってしまい、水着などを着るととても目立ってしまいます。
背中は他の場所に比べ皮脂ができやすく、ニキビのできやすい場所です。きちんとケアしてあげましょう。

そもそも、背中にニキビができる原因はなんでしょうか。
まずは汗によるものです。特に夏場などは汗をかきやすく、毛穴に汚れが溜まりやすくなります。
さらに角質がたまり、ニキビになってしまいます。
ニキビ対策として汗をかいたらすぐにシャワーを浴びて、汗や汚れを落とすのが一番いいといわれています。
しかし、学校や会社に行っている時に簡単にシャワーなど浴びることができませんよね。
シャワーは浴びる事はできなくてもこまめに汗をふき取るようにしましょう。
顔と同様で、あまり強くこすり過ぎないようにするのが大切です。

次にヘアケア剤や日焼け止めなどが原因でできるニキビです。
ヘアケア剤などが体に合わないとニキビができてしまうのです。
ボディーソープやシャンプーを変えたらニキビができたということはないでしょうか。
もしそうならば違うものを使った方がいいですね。
また、髪を洗った後のシャンプーやリンスが背中についたままだと、毛穴をふさいでしまいニキビの原因になります。
髪をしっかりすすぐと同時に体についたシャンプーやリンスもきちんと洗い流しましょう。
にきびケア
-, -, pookmark
ニキビを潰さない
化膿してしまったニキビの膿を出したくて、ついついニキビを潰してしまうという人は多いのではないでしょうか。
ニキビケアとして、ニキビを潰す事は絶対にしてはいけません。

どうしてニキビを潰すのがダメなのでしょうか。
ニキビを潰すと跡が残るとよく言われていますが、それは潰した際に細胞を傷つけてしまい跡が残るのです。
膿はでてきても、さらに肌が炎症をおこしてしまいます。
手が清潔でなければ、雑菌が肌についてしまい、ひどい場合は感染症を引き起こしたりします。
さらに、ニキビを潰したことによりでてきた膿が肌のほかの部分につき、細菌が繁殖しニキビができてしまうことがあります。
ニキビを無くしたくて潰しているつもりが、肌を痛める原因を作っていることになるので気をつけましょう。

またニキビを潰したらいけないのは分かっているけれど、気になって何度も触ってしまうという人もいます。
無意識のうちに触っている人も少なくないと思います。
触ったニキビには雑菌がつき、さらにニキビを悪化させることにつながります。
潰すつもりはなかったのに触っていたら潰れたということもあります。

ニキビができたら、これ以上悪化させることのないように清潔に保たなければなりません。
触ったり、潰したりはニキビを綺麗に治すのにとても邪魔な行為になります。
綺麗な肌を保つためにも、ニキビケアとしてニキビができた時は手で触ったり潰したりしないという習慣を身につけましょう。
にきびケア
-, -, pookmark
睡眠中のニキビケア
起きている間は誰もがニキビケアを欠かしません。
ニキビが気になる人は肌を清潔に保っているでしょう。

しかし、睡眠中にもニキビを悪化させる原因があるのです。
無意識なので仕方ないかもしれませんが、寝ている間のニキビケアもやるのがいいでしょう。

ニキビケアとして、肌に直接触れるものは清潔にしておく必要があります。
寝ている間、肌に触れる可能性があるものは布団やパジャマです。
中でも枕は顔が一番触れるもので、顔ニキビの原因になります。

枕は自分が思っている以上に雑菌が繁殖しています。
つまりニキビが気になるのであれば、枕カバーは毎日取り替えるなど、清潔なものを使用しなければなりません。
もちろん、枕カバーだけではなく、布団やパジャマなども清潔にしておく必要があります。

枕の上にタオルを置いて寝るのも清潔で、雑菌が顔につくのを防いでくれます。
しかし、タオルで肌を擦ることのないように注意しなければなりません。
肌を擦ると逆にニキビの原因になってしまいます。

また寝ている間に皮膚にあたるのが髪の毛。
髪がニキビにあたるとニキビが悪化してしまいます。ターバンなどでまとめて当たらないようにして寝るなど工夫が必要です。

1日の約3分の1が睡眠です。そこでできるニキビケアはニキビの改善にとってとても大きな役割を果たします。
寝ている間もきちんとニキビケアできたらいいですね。

睡眠自体がニキビケアになるので、自分の枕や布団を清潔にすれば、ニキビの悪化を防ぐ事ができるでしょう。
にきびケア
-, -, pookmark
あごにできるニキビ
ニキビは体の色んな場所にできますが、あごにできたニキビで悩まされる人も多いでしょう。
あごには毛穴がたくさんあるため、他の場所よりニキビができやすいと言われています。
ニキビができる他の場所と同様にニキビケアもやればいいのです。
しかしながら、あごにできたニキビは治りにくいですね。

あごにできたニキビが治りにくい原因はホルモンバランスが影響していると言われています。
そのため一度治っても再びニキビが同じ場所にできるなど、繰り返しできやすいという特徴があります。
女性の場合はホルモンバランスの崩れやすい生理前にできることが多いようです。
男性の場合はヒゲを剃った後にきちんとスキンケアをしていないと、肌を痛めてしまい細菌やカビが侵入し、ニキビの炎症を悪化させてしまいます。

またあごは手が触れやすく、髪の毛の毛先があたりやすい場所のためニキビに細菌がつきやすく、ニキビを悪化させてしまいます。
癖で頬杖をつく人は要注意です。手の雑菌が肌についてしまうので、ニキビが気になる人は意識的に、頬杖をつかないようにしなければなりません。
あごは隠す事がなかなかできないので、ニキビの原因である紫外線も浴びてしまいます。
さらにはニキビが非常に目立つ場所であるため、ストレスが溜まりやすいと言われています。

あごにできたニキビは悪化させる条件が揃っているため、なかなか治りにくいですが、きちんとニキビケアをして肌を清潔に保てば、改善されます。
にきびケア
-, -, pookmark
紫外線のにきびへの影響
紫外線は、太陽がぎらぎらと照りつける真夏に限らず、毎日の生活の中で私たちの肌をじわじわと責め続けます。
日焼けによるしみ、そばかすなどの色素沈着、そして皮膚がんの原因の一つにもなっているといわれていますが、にきびについても例外ではありません。

にきびというのは、毛穴が皮脂や古くなった角質によってふさがれ、そこに脂がたまってできるのですが、それには活性酸素が大きくかかわっています。
にきびはからだの中と外からの活性酸素によって発症、悪化するいわゆる活性酸素病なのです。
そして紫外線も活性酸素を生じるため、できたにきびが紫外線を受けると炎症を起こして赤にきびへと発展していまう可能性も出てきます。

また、にきびの炎症を起こしているアクネ菌(いわゆるにきび菌)は紫外線を感知すると、増殖するとともにポルフィリンという毒素を産出するため、さらににきびが悪化してしまうそうです。
南国で暮らす人々はにきびの発症率が高い、という話もありますが、紫外線が大きく影響しているということですね。

だからこそ、にきびのできやすい肌には特にUVカット剤が必要になってきます。
しかしUVカット剤に含まれる油分が毛穴を詰まらせてにきび対策としては逆効果になってしまうこともあります。
一般的にはSPF値の高いタイプは油分が多く含まれる傾向にあるので、SPF15〜20くらいか、オイルフリーのタイプを選んで使用すると、にきびの悪化を少なく抑えられるでしょう。
にきびケア
-, -, pookmark
にきび痕
みかんの皮のようにデコボコした肌、月面のクレーターのような大きなくぼみができてしまった肌、こんなにきび痕に悩まされている人も多いのではないでしょうか。
にきびが悪化し炎症を起こしたあと、破裂して膿が出て、上手くいけばきれいになおりますが、下手をするとにきび痕となって残ってしまいます。

にきび痕とは、どのようにしてできるのでしょうか。
人間の皮膚は、傷ができても数日で治ってしまうように自分で治す力を持っています。
そのとき固い治癒性のコラーゲンがたくさん作られて、傷を治してくれます。
毛穴にも同じことが起きていて、にきびが破裂して毛穴が傷つくと、治癒性のコラーゲンが集まってきて開いた毛穴がそのまま固まってしまったのがにきび痕となります。
小さなにきび痕は単なる毛穴の開きのようにも見えますが、実はまったく違うものです。
毛穴の開きならキュッと治すことができますが、にきび痕はそういうわけにはいきません。

しかし、にきび痕は赤ちゃんの肌のようにすべすべに治すことは不可能ですが、お金と時間をかけて徐々になめらかにする方法もあります。
ピーリングは、続けることで肌のデコボコがサイズダウンしてきますが、肌への刺激が強く危険が伴うので、必ずプロに施術してもらってください。
美容皮膚科での治療には、ダイアモンド粒子を肌に吹き付けて研磨しデコボコをなくすダイアモンドピーリングや、毛穴にコラーゲンなどを注入して見た目に肌を平らにする方法、レーザーでコラーゲンを再生させる方法などがあります。
こうした皮膚科での治療も、厳しい目で施術者を選ぶ必要があります。
大切な肌を託すわけですから、信頼のおけるドクターにお願いしたいものですね。
にきびケア
-, -, pookmark
刺激を避けるにきびケア
若いときににきびができるのは仕方ないかな、とあきらめている十代、二十代の人、こんな時期ににきびができて…と大人にきびに悩む三十代、四十代の人、どの程度のにきびであれ、なにかしら自分でケアはしたほうがよいでしょう。
にきびケアの方法としては、毛穴の詰まりを防ぐことと皮膚への刺激を与えないことが基本となります。
初期の段階のにきびは、正しいケアで肌を清潔にして治ることもありますが、逆に刺激することによって炎症を起こし周囲の組織が破壊されるという悪化の道をたどる可能性もあります。

せっかくスキンケアで肌を清潔にしても、にきびを気にして指でいじったりすると炎症を起こしかねません。
にきびをいじるつもりはなくても、頬杖をついたりするのも同様です。
また、髪の毛が皮膚にあたるのも刺激になります。
髪を束ねる、ピンでとめるなど、顔に髪の毛が触れない工夫をしてください。
また、髪の毛にシャンプーやリンスが残らないよう十分にすすぐことも大切です。
化粧をする際は、油分が少なく、洗顔料で簡単に落とせるタイプのファンデーションを使うとよいでしょう。
重ね塗りは、必要以上ににきびに触れないためにも、避けたほうがよいでしょう。
にきびができない目や唇には十分な化粧が可能なので、周囲の視線をにきびから逸らせるためにも積極的に行なってみてはどうでしょうか。

直接にきびに刺激を与えることのほかに、睡眠不足やストレスもにきびに悪影響を及ぼすことがわかっています。
睡眠不足やストレスがかかった状態が続くと皮脂の分泌が増え、皮膚があぶらっぽくなります。
徹夜明けに肌がテカテカしていたという経験はありませんか?
にきびを悪化させないためにも、睡眠は十分にとり、ストレスもうまく発散していくようにしてください。
にきびケア
-, -, pookmark
洗顔と保湿でのにきびケア
思春期のにきびに悩む人も、そして大人にきびに悩む人も、はやくにきびにさよならしたいという思いは共通していることと思います。
にきびケアの基本は、毛穴をつまらせないこと、皮膚を刺激しないことです。
つまりはにきびをつくらないようにすること、そしてもしにきびができてしまっても、痕を残さないようにすることが大切なのです。
にきびの原因となる古い角質や皮脂を毛穴につまらせないためには正しいスキンケアが必要です。

ここでは、にきびケアとしての洗顔のポイントをいくつか挙げてみましょう。
●洗顔料はよく泡立てる
●皮脂の多い部分から洗う
●十分にすすぐ
●拭き取るときは、やわらかいタオルをやさしく押し当てる

皮膚を刺激しない洗い方に心がけてください。
ポイントは「泡で洗う」ことです。
石けんや洗顔フォームは、泡立てることによって洗浄力が高まり、皮膚への刺激を軽減します。
洗顔料は、油分の少ないものや、にきび用のものを使うとよいでしょう。
皮膚への刺激を避けるため、フェイスブラシの使用は控え、洗顔後はタオルで水分をこすり取らないように気をつけます。

皮脂や古くなった角質を洗い落とすために、洗顔は欠かせないケアです。
1日2回、朝と晩に行ない、汗をたくさんかいたりほこりで汚れた場合などは水洗いでもよいのでその都度洗い流すようこころがけてください。
また、洗顔後の保湿も忘れずに行なってください。
皮脂が多いからと言って保湿をしないでいると、皮膚のバリア機能が低下して、炎症を起こしやすくなってしまいます。
油分を補給するのではなく、水分を補給するため保湿性の高い化粧水や美容液を使用し、肌をしっとりした状態にしておきましょう。
にきびケア
-, -, pookmark