RSS | ATOM | SEARCH
スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-, -, pookmark
洗顔でにきびケア
にきびケアは、症状がひどくなる前に早期ケアをすることが重要です。皮膚を清潔に保ち、毛穴が汚れで目詰まりを起こさないようにすることがにきびケアの基本ですが、頻繁に顔を洗いさえすればいいというわけではありません。1日に何度も何度も顔を洗っていては、逆に肌の負担になったり、脂質の分泌量が増加してしまったりします。朝と夜、1日に2回から3回の洗顔がにきびケアには丁度良いようです。肌や外気のコンディションは年間を通して同一というわけではありませんので、夏と冬とで使用する洗顔料を切り替えるというやり方もあります。にきびを早くからケアするためは、日々の洗顔料も肌と相性のいいものにすべきです。髪がある程度の長さがある人は、洗顔を行う時は髪に洗顔料がつかないようゴムでまとめたりピンで止めたりする必要かあります。特にはえぎわは汚れが集まりやすいので、洗いやすさを確保しましょう。手についている汚れが顔につかないよう手洗いをし、蒸しタオルなどを2分から3分ほど顔にあて、毛穴を開かせるのがにきびケアの洗顔のポイントです。毛穴が開いたことを確認したら、ぬるいお湯でさっと洗って大きな汚れを落とします。額から目じり、小鼻と皮脂の多い部分から洗っていくとにきびケアに効果的です。大きな泡を作り、その泡で顔を触る要領で洗っていきます。洗い終わったらぬるま湯で流しますが、生え際などは泡が残り易いので注意して流します。顔を拭く時は擦らずに、タオルで軽く押さえるように拭きましょう。
にきびケア
-, -, pookmark
スポンサーサイト
-
-, -, pookmark