RSS | ATOM | SEARCH
スポンサードリンク
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
-, -, pookmark
にきびの治療薬
にきびを治療するため、にきびに効果のある薬がないか探している方も多いと思いますが、薬にも種類があり、目的や用途がそれぞれ異なるという点は注意してください。
にきびを治療する為にも、そういった薬に関しての知識をここで頭に入れて、購入の際の参考にして下さい。

まず始めに、薬局など市販されている薬で、にきびに効果があると「評判」の薬と、皮膚科や病院で処方される治療の薬をいくつか紹介します。

◆薬局で購入できる薬

○オロナインH軟膏
○ビフナイト
○チョコラBB

◆皮膚科や病院で処方される治療の薬

○ダラシン(飲み薬と塗り薬があるようです)
○トレチノイン(外用薬・ビタミンA(レチノール)誘導体)
○ミノマイシン(テトラサイクリン系・抗生物質)

医薬品の中でも薬局などで購入できる薬と、病院や皮膚科で「処方される薬」はの具体的な違いは、抗生物質など細菌や炎症をおさえる効果のあるものは、普通の薬局では手に入りません。

例えば、「オロナインH軟膏」などは医薬品で薬局で購入できますが、上記の「ミノマイシン」のような抗生物質は、普通の薬局で購入することはできません。

一般的に薬には「医薬品」、「医薬部外品」、「その他の化粧品」という分類が存在して、一番分かりやすいところで「化粧品」は当然、薬ではありません。

にきびの予防や対策をすることはできても、にきびを治療することはできないということで、これと同様「医薬部外品」に関しても、にきびの治療効果はありません。

やはりにきびの治療を目的として薬が必要であれば、専門の皮膚科や病院で処方してもらうということになります。
このようなことを踏まえ薬局などで薬や化粧品を購入する時は、薬剤師に症状を話して相談をするなど、しっかりとチェックするように心がけてください。
にきびの治療
-, -, pookmark
スポンサーサイト
-
-, -, pookmark